山と渓谷社:『登山白書2017-山で死んではいけない』が発売されます

山と渓谷社より、『登山白書2017-山で死んではいけない』が発売されます。

image

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は7月21日に『登山白書2017』を刊行しました。

「登山白書 2017」では、増加する一方の遭難事故(2017年6月15日の警察庁発表の2016年の全国統計では、遭難発生件数2,495件、遭難者総数2,929人と、過去最多の前年との比較では、それぞれ-13件、-114人と減少してはいるものの、多発状況は続いています)を少しでも減らしたいとの意図から、「山で死んではいけない」という副題も付して、遭難事故のデータや事故防止に関する情報を中心に構成しています。

【主な内容】
・2016年山岳遭難事故の発生状況まとめと、山岳遭難事故事例集
・国民の祝日「山の日」に関連し、全国各地で催しが開催
・那須連峰の雪崩事故で、高校生と教員48人が死傷
・増加するSNS登山サークルの現状―登山界との溝を分析する
・登山界365日―この1年間のできごと
・全国山域別入山者数
・山岳観光地における外国人登山者の動向
・山岳関係の書籍、雑誌、エンターテインメント作品の動向
・登山に関する最新研究(登山者の学びに関する実態調査、高校山岳部の安全対策)ほか

価格:¥2,800

副題は「山で死んではいけない」。 ヤマケイ登山総合研究所による『登山白書2017』が刊行 | 山と溪谷社 新着情報 | 山と溪谷社